「ほっ」と。キャンペーン

清滝でキャンプ 其の2

二人の夜が明けましたw

向こうで就寝中のいのうえさん。
あれでどうやって寝返りをうつのかと疑問に思ったことを思い出しました、今。
しかし、寝るだけだったらああいうのでもいいのかも。
まだ数えるほどしかやってないくせに、既にテント設置と撤収が面倒になってきたんです私。

人より先に起きると勝った感じがするもので(っても、遅く起きたからと言って負けた感はないんですけどね)いのうえさんに勝ったフフフと密かに喜びに浸っている間にいのうえさん起床。

朝ごはん。納豆(゚д゚)ウマー。
b0183680_14351593.jpg


朝からやっぱりおっさん。
b0183680_1440473.jpg
スカートの上からレインパンツを履いているのですが、いのうえさんにそれ何?と聞かれ、ポケットじゃないですかねー?とか答えながらポケットに手を突っ込んだら、あれれ?前ポケットなのにお尻に向かってポケットが伸びてる。まぁこの段階でだいたい気が付くものかもしれませんが、お茶目(死語)な私ときたら!後ろポケットだと素で思ってしまって、変ってますねーなどと。変わってねーしw!お前はゆとり脳か!!後ろ前逆じゃね?と指摘されるという。アホである。
どうりで背中が見えるわけ。後ろが下がるわけ。
前日からずっと後ろ前に履いていて、しかも、明るい時に履いてるのに何故に間違えるんだ私。
あまりのお茶目(死語)さに愛しさまで感じ、私が男だったら思わず抱きしめてるところですが

いのうえさんに抱きしめられるわけもなく、普通に笑われ、
ネタができたと喜ばれ
b0183680_1502555.jpg
パッキングしてゴミを片付けて

b0183680_1504826.jpg
来た道を戻るのでした。

途中、こんな山の中なのに、白いトレンチコートマダムに出会ってしまい、
こんな場所で白トレンチ!!という衝撃に、顔を拝んでやろうと、よそ見しながら岩に足を掛けたら、苔でその足が派手に滑り膝を強打するという間抜けさ。山歩きでは気を抜いてはいけません。よそ見もいけません。


いのうえさんありがとうございました。楽しかったです。
三条からもバスが出ているので、また行こう!!
と思い調べていたら、清滝トンネルが心霊スポットなどという記事を読んでしまい(読むなよ)、こわくなったので、もう少し記憶が薄らいできたくらいに.....い、行ってみようかな.....。
[PR]

by ane-imouto | 2010-04-18 14:41 |  

清滝でキャンプ 其の1 >>