カテゴリ:旅( 43 )

 

明神平と六甲

あれしたこれしたを時系列に並べ立てても、つまらないので箇条書きで連ねます。
ってゆーかー、カメラを忘れた為、写真が1枚もないんですよ。初テントだったのにねー。それに地名とかよく覚えてないしー。

■鳥さん
私が全くのド素人のため、準備からしていただいたのに加え、キャンプ中はキャンプ中でガイド兼私の飯炊き係となってこき使われたという.....ご自身の親切心から私のようなとんだババをつかまされた鳥さんですが、でも、そのお陰で私はと言えば、キャンプの感覚を知ることができたわけです。
もし、私がこのままこっち方面で大成した日には、それは鳥さんのお陰ということになると言っても過言ではありません。どう大成するのかなど詳細については不明です。言ってみただけです。
でも、これを読んだ女子が「私にもキャンプ教えてえええええ」と殺到するかもというもしかしたらがあるかもしれません。

出発前日、確認と挨拶を兼ねて鳥さんに電話をしました。
そのときに、発せられた2言目が
酔っ払ってるんですか?
はショックでした。
いつもこんなんです。すみません。

明神平では、川渡り?(岩越え?)でいちいち助けていただき、勢いつき過ぎて突き飛ばしそうになったのには本当にビビリました。って、突き飛ばしそうになったのは私で、突き飛ばされそうになったのは鳥さんなので、私より鳥さんの方がもっと怖かったでしょうね。落っこちなくてよかったです。すみません。

眠いのに早朝からハイキングに付き合っていただいてありがとうございました。
テントの中で、鳥さんはいつ起きるのだろうかと、日が昇るのを感じハイキングを半ば諦めながら待ちわびていたので、起きてくれたことには感謝です。日の出を見るには、ちょっと遅かったですけど、あ、すみません。嘘です。起きてくれたことには感謝してます。ちょっとおそk

六甲では、ガイド業務ありがとうございました。私は自分が地図の見方を知らなかったことを知りました。
お昼を川でいただいたとき、蚊がどうのと話をされましたが、すみません、あんまり意味がわからなかったので軽く流してしまいました。ノリが悪い女だと思われたことでしょう。すみませんでした。


■はんはんさん
最初、クールな人なのかと気構えていましたが、全然そんなことはなくてよかったです。

私は車ではんはんさんの後ろの席に座ってましたが、私が山道で酔い気味なのを察知していただいて、気が利きますね。その勢いにマメさをプラスして将来的には石田純一を目指してください。応援します。

明神平でも六甲でも、何の因果か虫に‘してやられて’いましたね。前世で何かしたんですか?
それで、例の虫ダンスのDVDはいつ発売になりますか?
サインも欲しいので予約したいです。

あ、あと、六甲でテント張ったとき、お尻で敷いたヒルを手で払ってあげたのは私です。別に恩着せてるわけじゃないですけど、あくまで記録として書き残しておきます。
ヒルを手で払ってあげたのは私です。

六甲泊の朝、テントじゃなくシュラフだけで寝ているはんはんさんでしたが、その姿が死体袋みたいでびっくりしました。

いのししに踏まれなくてよかったと密かに安心しておりました。



■わんわんさん
最初から気さくに声かけていただいて、また、私が苦手な川渡り?の時には、サッと手を貸してくださってありがとうございます。他にも、いろんなところでちょいちょいと親切にしてくださって、ちゃんと覚えています。
ただ、ショップでは、わんわんさんの言動がマニアック過ぎて私には理解できなかったことをお詫びします。
そして、忘れもしません「ポニーテル萌え」の発言には寒気を感じましたが、ここに書きましたように、違った意味で私もあれなのでもう何も言うことができません。お互い現実を受け入れましょうね。


■ひろぶーさん
体力的に一番のお疲れさまだと思います。
全体のために常にリードされ動いておられました。
ずーーーーっと一人でドライバーをされ、キャンプでは火をおこし、神戸では観光案内まで.....
南京街は予想外だったので、関西に住んでいながら数年ぶりに行けてうれしかったです。

「皆に本物のたこ焼きを食べさせてあげたい」と仰っていたのには、皆に対する愛情を感じました。

しかし、せっかくの雑学王でいらっしゃるのに、誰も真実を知らない為、せっかくの雑学がなんだか中途半端になってうだうだで別の話題に移行して行きました。雑学も相手があれだと.....話続かなくて残念です。力不足ですみません。



とまぁ、茶化したことしか書いてないですが、感謝の重みはかわりません。時々、皆様の会話によくわからない言語が交じっていて、???なこともありましたが、世の中知らなくてもいい、というか、知らないほうがいいこともありますから深くは追求しません。
皆さんには大変御世話になりました。本当に感謝の気持ちでいっぱいで、すごく楽しかったです。



■明神平
山頂付近で、親子が居て母親が子供をおぶって登っていました。
おぶわれた子供が座っているベビーチェアのようなものの背もたれ部分にはもちろん荷物がくっついていて、背後からは子供が座っているのは見えません。そして、リュックを背負った小さい子供と手をつないでいます。
途中で、「もうしんどい。無理」と先に待つ旦那に訴える悲痛の叫びが小さく聞こえました。ああ、切ない。旦那よ、先に立って「がんばれがんばれ」と声かける暇あったら先に頂上のぼって荷物置いてまた降りてこいやああああああ。
こんな旦那と結婚なんてしたら最悪だと思いました。結婚した旦那がこんな人だったら迷わず離婚ですね。私が今結婚しないわけもここにあるわけです。焦りは禁物です。結婚したいから結婚するのではなく、この人と一生居たいから結婚する、のです。あ、話が逸れました。


深夜、トイレに目が覚めてテントを出たら、もんのすっごく寒いんだけど、星が綺麗すぎて感動しました。
感動を伝えたくて誰かを起そうかと思いましたが、2名ほどは常に「睡眠」に呪われておられるようで、睡眠を妨害すると後が怖そうなので、ひとりで星空を眺めていました。星ってあんなにあるんですねー。
普段は寝る時間が遅いので、11時とか眠れねーって思ったのもつかの間、この時実際に眠れなかった記憶がありません。多分、眠れねーって思った瞬間、睡眠スイッチがonになったと思われます。のび太並みの速さでどこでも寝られるのはもはや特技です。
初めて、テントで一人寝したわけですが、夜中、風の音とか葉を揺らす音とか鹿か何か動物が歩く音とかテントがばさばさなびく音とか、ぱきぱき言う(何の音ですかあれ)音とか、聞こえてくる音という音が初めてだったので、こわかつた。ブレアウィッチプロジェクトを思い出し、一人恐怖しました。
それから、シュラフでの寝返りができなくて、何度も目が覚めました。シュラフの中で体だけ寝返るの?(←これをしたら着ていたフードが首に巻きついて苦しかった)
シュラフごと寝返ったら、マットから体が落ちたので、芋虫のようにもぞもぞと後退してマットに戻りました。
そのうち、私はちゃんとマット上に寝てるのか、が気になり始めいちいち確認していたので、両日とも忙しい夜でした。


■六甲
ナイトハイクが超楽しかったです。また夜歩きたいいいいいいわあああああ。
深夜なのに、皆よく食べる。
そして、その翌朝から、これまたよく食べる。
ロックガーデン(?)スタートから岩岩でザック背負って死ぬかと思いました。
皆と別れて鳥さんと二人で有馬を目指したのですが、紅葉がきれいでした。
しんどい登りでは、哀れむような目で見られるので「こんなとこザック背負ってめちゃしんどそう」「頭おかしいやろ」て思われてるような錯覚に陥りましたが
お昼を川でいただいてたら、通りがかったの女子の「ああいうの、いいなぁ」という、羨ましがる声が聞こえ、全てが報われました。
いいでしょういいでしょうと返事をしたいくらいです。
しんどい登りも過ぎてしまえばなんて事ないことを知りました。


■温泉
両日とも温泉に入りました。
1日目(奈良)では、ドライヤーから煙臭い臭いがして、いきなりボンと音を立て私の手の中でご臨終してしまいました。
まるで私が壊したかのような視線をなげかけられたのですが、ちょうど掃除の人が入ってこられたので、このドライヤー壊れてます!と強めに言ってその空気から逃れました。
2日目(有馬:金の湯)では、髪を乾かそうと向かうと、気分が悪いらしいおばさんがけろけろけろとしているところでタイミング悪くその一部始終を見てしまった私はもらいけろしそうになりました。
臭いまで嗅いでしまった私もぎりぎりだったので、申し訳ないですがおばさんにあからさまに背を向けてしまいました。すぐに従業員が来て介抱されてました。
入浴前に鳥さんが「腹減った腹減った」と言っていたので、どうしよう今は食べられへんと恐れていましたが、新神戸で皆で食べようということになり、そのまま有馬を後にしました。ホッとしました。


■お別れのとき
わんわんさんとはんはんさんと(パンダみたいやな)新神戸で合流しました。
お店を出て、見送ろうと思ってたのに、何故か私が見送られることに.....
私vs3人で向かい会ったとき、なんだか泣きそうになりました。
初対面だったのですが、居心地のよさにそんなことすっかり忘れてました。
しんみりお別れをし、あっちの方向へ歩いたわけですが、歩いた先は行き止まりじゃないですか!
せっかくしんみりお別れをし余韻に浸りながら歩いてたのに.....なかなかcoolには生きられないものですね。


■帰りの電車で
何度か乗り換えて帰ったのですが、前に座っているカップルが大きい声でなんやなんや言ってます。とくに男性の方が。
聞くつもりはなかったのですが、目の前なので聞こえてくる。
どうやら同じ居酒屋で働く彼女:さちこ(と彼氏が呼んでいた)は、一緒に働くおばさんにいびられているようで、それを彼氏が励ましているようでした。
ただ、励ますって言っても、
おばはんがお客さん待たせてたんなら、放っといたらええねん。したら、おばはん客に文句言われてテンぱるやろ。そういうのを「ザマミロ」と笑ってたらええねん。さちこはおばはんを手伝う必要ない。
ってどんなアドバイスやねん!
それを聞いたさちこも「そうやんね!何か元気になった!!」と涙を浮かべ手で拭う。.....そんなアドバイスで泣くなよさちこ。そもそもサービス業でお客に迷惑かけること前提でそのおばはんとやらに仕返しって、間違ってるやろ。
その思考はサービス業向いてないし辞めたら?とちょっと心の中で突っ込んでみたり。

帰りの電車まで楽しい。そんな私の初登山初キャンプでした。
[PR]

by ane-imouto | 2009-11-24 20:11 |  

御礼申し上げます

初めての登山
初めてのキャンプ


自分で買ったくせにテントの張り方もバーナーの使い方も分らずな状況でしたが
皆様のサポートのお陰でとても楽しく過ごすことができました。
ありがとうございました。感謝してもしきれないくらいの感謝っぷりでいます。

皆様のブログにお邪魔して挨拶回り(極道かよ)をさせていただきたいところなのですが、
連休明けともあり、仕事がバタついて時間がとれそうにありませんので
暇を見つけ次第、お伺いしたいと思っています。

それにしても、登山といいキャンプといい
殺伐とした日常から離れて、自然との呼吸を味わうことは
もんのすんごく気分がよかったです。
しんどいけど怖かったけど、登山楽しかった。

山に登る理由として有名な「そこに山があるから」という名言を耳にするたび、
理由になってねーよw って失笑してきた私でしたが、
今までバカにしてごめんなさい。今度は私が失笑される番でしょう。
てゆーか、笑うなら笑えよ!ばーかばーか!!って思ってます。というのは、嘘ですが、分る人には分るし、分らない人には分らないこと、単純にそんなとこなんだろうなぁと.....まぁそんなことはどうでもよくて、現実楽しかったのです。それで十分です。

非日常を味わった後なので、楽しかった時間を原動力に仕事にも身がはいるかと過信してましたが、現実はそんなことなく.....余計ダルい。だるーーーーーぅい。
何故かプリンターが反応しないし、これはまるで、「仕事しなくてよろし」のサインではないかと解釈していますが、印刷できないくらい何てことないので渋々ですが黙って仕事するしかありません。

たまに

会社が爆破されてたらいいのに、

とか、

台風で会社のビルだけ崩壊したらいいのに、

とか、

倒産したらいいのに、

などと不謹慎にも程がある発言をしてしまう私ですが、私は妄想で生かされています。
いいじゃないか!空想の世界で遊んでも!!
ってここまで書いて、なんだかヤバイですね。誰かさんの「萌え」 *1に拒否反応を露にしてしまった私でしたが、それとは別の次元で自分もヤバいかもということに気がつきました.....

えーと、なんでしたっけ?
長いですね、こんだけ長い文章書くんだったら挨拶回りできるんじゃね?とか思いますよね。
ええ、もちろん私もそう思ってます。でも、結果論であって、最初はこんなに長くなるって思ってなかったんだもーん。(開き直り)

そんなわけで登山&キャンプサイコー! (無理矢理)
レポートは後程。


あ、聞かれてないですけど、私筋肉痛にはなってないですぅ。
なんでかって?
若いからじゃないですかねー(←自分で言い始めたらO・BA-chanの証拠)

*1  萌えられました。
[PR]

by ane-imouto | 2009-11-24 12:39 |  

出張の予定

今朝、社長から電話があった。
だいたいの内容は本社の仲良しさんから事前にリークされてたのでわかってたのですが
直接聞くと、ハートに沁みるぜお.....

社長:おはよう。aneちゃん(いつも’ちゃん’付け
ane:おはようございます。.....電話の主を脳内検索中の間.....あ、I本さんですか?


うちの会社は外資系だからという理由で、上司部下関係なく名前で呼び合う。(だから、部署が違うと誰がエライ人なのかわからんw)


社長:そうよ~、聞いたよ。寂しくなるじゃない(何故か女言葉になる

ane:すみません.....

社長:やりたいことがあるなら、仕方ないし、応援するけど.....とても残念よ(女口調)



そう、南米へ行くにあたってこの年末で、私は会社を辞めるのだ。
その「やりたいこと」がよりによって「旅に出ること」で.....すみませんと思ってしまった。



ane:すみません.....(涙がこぼれそうだぜ)

社長:それでね、社長命令なんだけど

ane:!?リークされてた内容と違うのか?

社長:来月の営業会議にaneちゃんもおいでよ。隅田川クルーズなんだけど、送別会を本社のみんなでするからさ

ane:!?!?



す、す、隅田川ぁーーーーーー






って、どこ?字もあってるのか?




ane:隅田川(知らんけど知っているかのように)でクルーズがあるんですか?(てっきりそこらへんにある居酒屋でするのだと思ってた)

社長:そう、屋形船なんだけど、お食事ができるの(まだまだ女ry)

ane:よく利用されるんですか?

社長:ううん、前回はね、この前Oさん(前社長)が退職されたときに使ったきりだよ


こんないち派遣社員の私なんぞのために
前社長と同じ場所で送別会いいいいいいい!?


ane:いいんですか?(この不景気で会社やばいんじゃ.....)

社長:いいよ♪(軽快)木曜にするからさー、ホテルも予約してあげるから泊まりのつもりでおいでよ♪♪(軽快)金土日と連休にして遊んで帰ったらいいよ♪♪♪




というわけで、送別会をしてもらうがために横浜出張が決定。
実は、9月から東京へ遊びに行こうと計画してたのだが
休日出勤が重なり、ずっとタイミングをはずしていた。

ああ!神様仏様
夏の終わりくらいから、激しく仕事が忙しくなり、残業&休日出勤などという試練をダブルで与えてくださって、東京行きの予定をことごとくキャンセルする羽目になっていたのは、このご褒美のためだったんですね!!

わーい

隅田川ーどこか知らないけど
隅田川って
「あなたは~もぉお、忘れたかしら~~ 赤い手ぬぐいマフラーにしてぇ~」
の歌のやつかな?

まぁなんでもいいや!
わーい


あ、でも、私乗り物酔いするんだよね.....



みんな優しいなぁ涙
こんな4年目派遣社員に至れーり尽くせーりしてくれます。
感謝感謝です。

わーいたくさん遊んで帰ろう~~~♪
[PR]

by ane-imouto | 2009-11-12 01:38 |  

googleさま

日頃より御世話になっているgoogleさまの話題です。


わからないことが多すぎて、ググってばかりの毎日です。
それ故、行事ごとでgoogleのロゴが変わっているのは知っていましたが


今日は

b0183680_16585883.gif



なんでしょう?
と思ったら、セサミストリート40周年だそうです。

あ、セサミストリートに特に興味はないので、これに反応したわけではなくて
こっちからgoogleさまのロゴ遍歴を見ることができるんですが→


お気に入りで保存もしてあるお月見うさぎいいいいい
うさぎ好きにはたまりませんんんんんんんはぁはぁ

b0183680_1743632.gif



あーうさぎ飼いてーーー
これが言いたかっただけです。
[PR]

by ane-imouto | 2009-11-09 17:06 |  

花咲かロック@緑地公園

友達に誘われて音楽のイベントに行きました。
最寄り駅が阪急「曽根」となっていたのですが、駅から遠すぎです。
途中道に迷ってしまったこともあり、待ち合わせに1時間の遅刻.....信用なくしちゃいますね私。
てか、こんなに遠くて、最寄り駅と呼べるのか?と迷子になったことが原因であることを棚にあげ、怒りすら覚えながら、くたくたになって到着しました。

コンサートなのに一人ぼっちで浮いてたら申し訳ない.....という気持ちで行ったら
がらっがらで、ある意味びっくりした。
おひとりさまも多かったので、友達は全く浮いてませんでした。

遅刻したお詫びに、オサレなパン屋でサンドイッチを買ったので(迷子になりながらもしっかり)
フリーで頂いたジュースとサンドイッチ片手に観賞。
no music my lifeな私、日常、(クラッシックとジャズ以外)音楽をほとんど聴かないので、音楽にも出演者にも興味がなかったのだが、ちゃんとした人(?)ばかりでした。全く期待してなかったので余計によく感じました。って失礼か?だって、チケット1000円だし、この価格に期待はしないでしょ~でも、いい意味で予想が外れ、ライブはとてもよかったです。
最後の人が、あからさまに愛だの恋だの好きだ好きだの好きだの歌うので、”好き”って

女 子

って書くんやな...ってことばかりが気になり始め、もしかしたら”好”は、江戸時代とか一夫多妻の時代に男性目線からできた言葉なのかもしれない、などと結論の出るわけのないのに語源をひとりもんもんと憶測しておりました。KYと思われたくないので友達には言えない

後半になると、出演者の方々も酔っ払いで登場してるのでMCがおもしろかったり、既に出番が終わっているシンガーが再登場したり、みんなの壊れ加減が楽しめました。


ところで、この花咲かロックですが、もともとは能勢で農業している若者の集団が企画運営しているらしいです。そんな手作り感溢れるほほえましいイベントでした。
能勢キャンプも企画されてたらしいので、次回は参加してみたいと思いました。
しかし、みんな若いなぁ.....
[PR]

by ane-imouto | 2009-11-07 22:57 |  

琵琶湖カヤック 其の2

昼過ぎから琵琶湖に漕ぎ出す。
いつもは大瀬さん付き添いのもと漕ぐのだけど
今日は独りである。とうとう独り立ちである。
カヤックに乗り込む直前、どっちが前だっけ?とふと疑問に.....大瀬さんに心配されるw

b0183680_1224446.jpg

そんな大瀬さんの心配をよそに、出港♪
天気がよくて、あっつい。


b0183680_12251438.jpg

この景色を左手にして漕ぎ進めます。
水鳥を撮りたくて近づけども近づけども逃げられ。
カメラを向けると水の中に潜ってしまう。しかも、私のことをバカにしているかのようなタイミングで姿を消す。
撮れども撮れども景色のみで、鳥が写ってないのだ。
自然って.....厳しい。


b0183680_12284896.jpg

あの島の先端まで漕ぐのが私のミッション。
と、もちろん誰かに課されたわけでもなく、なんとなく沸き起こる使命感。
独り妄想。アイアイサー。


b0183680_12383317.jpg

そして、ミッション完了。ただ来た道(?)引き返すのもつまらないので、対極する向こうの湾まで漕ぐことにする。
嗚呼、標的からは後光のように、神々しい光が(ただの逆光)


b0183680_12451989.jpg

水上にいると、陽の照りが変化してくるのがよくわかる。
水面がてりてりしてくる。わかります?このぬめっとした、なめらかな感じ。


b0183680_12493812.jpg

振り返ってみる。なんだか風景が白っぽい。霧でもなく、陽の加減なのでしょうかね?


b0183680_12522453.jpg

太陽が随分傾いてきました。
ここにも水鳥がたくさんいるのですが、一定距離を保ったままでなかなか写真を撮らせてくれません。


b0183680_1255734.jpg

鳥がどんどん飛び立ちはじめます。どうやらお家に帰るようです。なんだか切ない。


b0183680_12561877.jpg

突然、風が出てきて、水面を揺らします。
漕いでないと酔いそうになりますw調子が悪いと新幹線でも酔ってしまう私には揺れはつらいところ。


b0183680_12585888.jpg

今日もありがとう。と誰かに宛てるでもなくわいてくる感謝の感情。
これはきっと自然に対してだろうな。自然に感謝。
地球に自然に生かされていることを感じる瞬間。

一日ありがとうございました。
[PR]

by ane-imouto | 2009-11-03 12:46 |  

琵琶湖カヤック 其の1

10時現地集合なのに、目が覚めたら9時。確実に遅刻。
Granstreamの大瀬さんに、寝坊しましたすみませんメールを送ったことろ

明日ですよ、と返信が来た。


  ∧_∧
  (´・ω・`)   ガシャ
  ( つ  O.  __
  と_)__) (__()、;.o:。
          ゚*・:.。


**********

翌日、朝7時に家を出て、8時前の電車京都発に乗る。
そしたら、9時半には到着してしまい、これは早すぎ。
b0183680_11232917.jpg

天気がいいので歩いてGranstreamさんへ向かうことにする。

到着したら、大瀬さんは私を迎えに駅へ向かった後だったとか。入れ違いであるw
連絡せずに勝手に来てすみませんです。


本日のイベントは、

①MSRストーブの使い方を教えていただく
②注文していたテントを受け取る
③カヤック

私としたことが(よくあることだけど)、myストーブを忘れてきてしまったため(どーりで荷物が少ないわけだよ)
大瀬さんのストーブで、点火の仕方から掃除の仕方をひと通り教えていただく。

点火の仕方は意外に簡単。だが、♪かんたーーーん♪って思った時ほど危険。
簡単と思い記憶することに意識しないからか、後々にやってみるとできないことが多いからだw
過去にそんな痛い経験がある私は、もちろん目に記憶に焼きつけましたさ。
多分.....覚えた(てる)はず.....


テントももちろん設置方法を習った。
これまた簡単である。
[PR]

by ane-imouto | 2009-11-03 11:33 |  

09年度秋季バスツアー鳥取

毎年恒例、会社組合のバスツアーに母を連れて参加しました。


■行程

梅田出発=<高速道>=智頭宿(参勤交代の際の宿場町を散策)=栗倉(栗拾い体験)

      =鳥取砂丘(お食事と砂丘散策)=梨狩り(30分食べ放題)

      = 賀露港(鮮魚3種詰め放題)=「ちむら布袋店」(お買い物)=栗倉(野菜詰め放題)

      =<高速道>=梅田到着


朝8:30出発だったため、6:30に家を出た。自宅から梅田まで2時間....すでに小旅行である。
連絡の行き違いがあったらしく、添乗員のおねーちゃんと幹事のおねーちゃんがバトってておもしろかった。
朝から熱いねぇとその様子を眺め、駅で買ったパンを齧りつつ、ツアーはスタート。


出発してすぐの高速で速攻渋滞に嵌り、最初の智頭宿(ちずしゅく)に到着したのが10時過ぎ。

町並みには趣がありますが、特別何があるわけでもないです

という添乗員さんのストレートなコメントの通り、本当に何もなかったです。
しかも、滞在に20分しかとれないため、資料館への入館はお金が勿体無いです。という失言アドバイスもありました。添乗員さんの好感度が上がるのを感じましたw
それにしても、こんな(失礼)何もないところに観光客がいるのが不思議。


山道をぐるぐるまわったので酔い気味で栗拾いへ。
栗倉は、先日災害があり、栗拾いができなくなっていて、栗園を見学する内容に変更されていました。
土砂に流され根っこから引き抜けた木々、葉は落ち放題、木についているイガイガも中の栗が傷んでいて、それはそれは悲惨な状態でした。
しかも、栗園の主が痩せたおじいちゃんだったので、切ない気持ちに...皆沈黙でした。
暗い気持ちになりながら、お土産用の栗を受け取ってバスに戻りました。


鳥取砂丘への道中も渋滞で、到着したらまさかの2時。
砂丘前のツアー客用の昭和な空気漂うレストランで昼食をいただいたのですが
まぁ...ツアーにありがちな、海沿いなのに魚介が不味いという...。
お味噌汁が一番美味しかったです。


b0183680_835872.jpg

昼食後、鳥取砂丘へ降り立ったのですが、時間がないとのことで向こうの丘まで行っても、すぐ戻るだけとなりました。滞在時間40分。
それでも裸足になって砂地を肌で感じ、意地でも満喫
鳥取砂丘はじめての母が喜んでくれていたのでそれだけでも来てよかった。
砂丘はその名の通り、砂地なので歩くと足をとられ、上り坂になると1歩踏み出せば半歩下がるという進み具合で、めちゃしんどい。意外に距離あるし。
歩き疲れた子供は大人に抱っこされて殿様移動、羨ましい限り。


梨狩り30分、1個食べるのがやっとだよ。
自分で選んで自分で捥ぎ取り、プラスチックナイフで皮を剥き、その場で中腰の姿勢で食べる。砂丘のあとでこれはしんどい。しかも昼食後でお腹一杯やし。
梨の実は、紙で包んであるため熟れてるのか熟れてないのかよくわからないため、
適当に選んだら、全く熟れておらず、捨てるわけにもいかず、無理矢理食べた。
しまいには、皮をむくのが面倒になってきてそのまま皮付きでわしわし食べた。想像通り酸っぱい。
私は母と半分ずつ割って食べたのでよかったけど、他の人は一人で1個丸ごと食べなきゃいけないのでハズレを引いた人は大変そうでした。
1個分を食べもう無理と思ってたのに、農園のおばちゃんがこれ美味しいよと言ってでっかい梨を捥ぎ取ってくれた。満腹なんで持って帰っていいかしら.....と思って母が食べ終わるのを待っていると、そのおばちゃんが「持って帰ったら食べ放題にならないからね」と誰かを注意する声が聞こえてきたので、持っていた梨を鞄に隠し、逃げるようにバスに戻りました。

そこで母、何を考えたのか梨を20個ほど購入
いったいどうやって.....誰が持つのかと.....。


賀露港(かろみなと)というから港かと思ったら、土産物屋でした。
店の前に設置された氷の棚の上に5種類くらいの魚。手渡された発泡スチロールに入るだけ貰えるらしい。
と言っても、見たことない魚ばかり.....縞々の熱帯魚みたいな魚とか、どうやって食べるのだ??調理法を教えて欲しい。
イカ以外興味のない私は、母の指示通りに魚を選択。
残った魚はどうなるんだろう.....とかペットショップでは絶対考えてはいけないことですが
ここでも考えてしまいました。ちょっとかわいそうになってくる。練り物とかにされたらいいね。


ちむら布袋店でお土産物色タイム。
たくさんの「ちくわ」や「揚げさん」が試食できます。しかも、試食の「揚げさん」は揚げたてもあってこれが美味い。
ツアーで一番テンションあがった場所であることは間違いありません。
私も「揚げさん」をいくつか買いました。


ツアーの締めである野菜のとり放題。
透明ビニール袋に野菜を入れるのだけど、持って帰ることを考えるとテンション下がる。だって、私には梨があるから....。
どうせだったら、買うと高いものにしようと丹波の枝豆(なんで丹波?)とトマト(重いですが)だけに集中。
選んでるうちに楽しくなってきて、結局トマトは10個くらいとってしまったのだが.....


へとへとになってバスは帰路へ。
妹に連絡すると、ちょうど大阪にいるらしかったので、大量の荷物を一緒に持って帰ってくれることになった。
あーーーーーー助かった。妹が手伝ってくれても、腕が抜けるかと思うくらい重かった。


1万くらいのツアーに2000円で参加できたのでお得でした。
そして、バスの中でのビンゴ大会で私も母も3等が当たり、母はクオカード、私はスタバカードをいただきました。超ラッキー☆
[PR]

by ane-imouto | 2009-10-28 08:04 |  

タイ おすすめショップ

数年ぶりのチェンマイ訪問だったけど、スターバックスやマクドナルドができてるし、
なんにもない田舎町ではなくなってしまって残念でした。
でも、素敵なショップもできていて.....それが、Sridonchai RoadにあるGood Health.
b0183680_1213615.jpg

オーガニック食品やアロマオイルなどを扱うお店。
日本で買うと1500円以上はするので、かなりお買い得です。
ただ、アロマオイルの品質には懐疑的なので塗布用には使用せず、香りを楽しむ用にしたほうが無難だと。


Good Health 
b0183680_1359546.jpg

・リップバーム 25B 写真なし
・アロマオイル 55B 写真なし
・粒こしょう 25B
・クミンシード 30B
・ターメリックパウダー 50B
・シナモンパウダー 50B


チェンマイ空港のお土産屋
b0183680_13592323.jpg

暇つぶしに入ったのだけど、かわいかったので母と妹と自分用にシルクのコインケースを購入

240B 3個購入@70B 写真は左妹用、右私用
[PR]

by ane-imouto | 2009-10-11 23:11 |  

タイ 会計

今、手元には2000Bが余っているので、2週間の滞在で12,000B(+1,585B)ほど使ったことになる。

宿代 (70B*13泊) 910B 
学費 5,000B
交通費 バンコク-チェンマイ 518B
交通費 チェンマイ 250B
お土産 エアポートプラザ 674B
お土産 チェンマイ空港 720B
お土産 雑貨屋 290B
マッサージやサウナ 500B
映画 120B
食費etc. 3,000B
航空券 チェンマイ-バンコク 1,585B カード払い


日本からの往復航空券は、40,850円なので
かかった総費用は 約80,000円。
2週間だからやっぱりタイは安いなぁ。



航空券詳細
【往路】 TG 673 W 31JUL KIX/BKK 00:30 04:20
【復路】 TG 622 W 14AUG BKK/KIX 22:40 06:10(15AUG着)


--------------------------------
大人
 国際航空券代  : \ 34,000-
 外国諸税    : \ 2,100-
 燃油サーチャージ: \ 2,100-
 空港施設使用料 : \ 2,650-
 お一人様    : \ 40,850-
────────────────
 人数      : お1人様
 計       : \ 40,850-
[PR]

by ane-imouto | 2009-10-11 22:52 |